music.ks-product

K-POPを中心とした音楽の紹介・レビュー・感想をおこなっています

ヤフオクCMに出演している美人女性「コムアイ」とは?

      2015/12/26

「ヤフオク新CMの美人で可愛い女性は一体誰!?」と大きな話題になっています(ちなみに前回CMはでんぱ組.incの夢眠ねむ)。下のサムネだと常盤貴子っぽいですが、動画では能年玲奈や鳥居みゆきのような個性派なキャラクターを醸し出している彼女。一体誰なのでしょうか?知らない方はまず以下の写真と動画をご覧ください。

yahoo-auctions-cm1yahoo-auctions-cm2

画像:©Yahoo Japan Corporation

水曜日のカンパネラ コムアイとは?

ヤフオクCM女性の正体は「水曜日のカンパネラ」という音楽ユニットのボーカル担当「コムアイ」なる人物です。1992年7月22日生まれ、神奈川県出身で「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持っています。

私は半年ぐらい前にラジオのゲストで登場したことをきっかけに知ったんですが、かなり強烈な人なんですよね。楽曲や歌詞、PV・MVも個性的なのですがその紹介は後にするとして、まずはコムアイだけの特技である「鹿の解体」について紹介します。

アーティストなのにイベントでは鹿の解体ショーを行うコムアイ氏

さらりと凄い事言ってしまいましたが、彼女「鹿の解体」が出来るんです。しかも丸々一頭ですよ!なんでも就農体験で1ヶ月農家で働いた事がきっかけで「命を奪う事」「それを食すこと」に興味を持ったそうです。コムアイはこのように語っています。

「実感したいんですよ。命が亡くなるというのは衝撃的なこと。『生きている動物が死ぬ』ということと、『その肉を食べる』という行為が普通に生活していると結びつかない。実感できない。自分でその『痛みみたいなもの』も感じたほうが……だから、苦しみに解体の現場に来ているのかもしれないですね。かわいそうと思うのはこっちも苦しいし、血を見たくてやっているわけではない。獣が殺される現場を見るときは、みんな静かになるんですよ。ズーンと来る。一方、それと同時に、解体を通じて新鮮なおいしい獣の肉をその場で食べるという醍醐味もある」

アーティストのイベントで鹿の解体ショーとか前衛的過ぎますよね。ちなみに鹿は農作物を荒らす害獣に指定されている為、社会貢献にもなっているんですよね。良いこと思いついた!旅行会社が「鹿の狩猟・解体ツアー」を企画して一般的に広めれば物珍しさで国内観光は潤うし、農家も助かるとおもうんですよね。誰かこの企画採用してみませんか?(笑)

水曜日のカンパネラの楽曲を紹介

そして、「鹿の解体」よりも注目すべき点であるアーティストとしての活動。ここ数年間K-POPばかり聴いていた私にとって「水曜日のカンパネラ」は久々にハマった邦楽。リリースしている楽曲のいくつかを紹介します。

楽曲紹介1:「ディアブロ」

まず最初は紹介するのは先月4月に公開されたばかりの「ディアブロ」という曲。なんだか悪魔的なタイトルですが、出てくるのは「いい湯だね」「レッツ バスロマン」「アンパ○マンのお風呂セット」というフレーズ。そうです。ギャグです。Dear 風呂。

yahoo-auctions-cm5 yahoo-auctions-cm6 yahoo-auctions-cm7

という感じでプログレッシブ・ハウス調の曲に乗せて、色々とクレームが来そうな固有名詞満載の歌詞、そして色々なパクり、もといパロディが満載のPV・MVも素晴しい。全方位隙無しなんですよね。音楽も歌詞も映像も全てがアーティスティックでクリエイティブなんです。ここまで徹底したアーティストって意外と少ないと思うんですよね。

楽曲紹介2:「桃太郎」

次に紹介するのが「桃太郎」という曲。この曲は私が水曜日のカンパネラを知るきっかけになった曲です。とにかく注目すべきは歌詞。30代~40代ぐらいのゲーム好きの人には堪らない内容になっています。「PCエンジンbyハドソン」「魂の16連射」「天外魔境2」といったゲーム好きには懐かしいフレーズが出てきます。「桃太郎と何の関係があるの?」と思いますよね。これには、これらのワードを生み出したハドソンというゲームメーカーが桃太郎伝説というゲームソフトを発売した事が由来しています。

楽曲も重厚感のある演奏にコムアイのけして上手いとは言えない緩い歌声が組み合わさることで何とも言えない独自の世界観を構築していると感じます。

楽曲紹介3:「モスラ」

最後に紹介するのが『モスラ』。そうです、”あの”モスラです。だから固有名詞使い過ぎだって(笑)

先に紹介した2曲よりは落ち着いた印象の楽曲ですが怒涛の変顔攻めw とにかくアクが強すぎる!この子は変顔無しには生きられない運命なのでしょう。まさに残念な美人(笑)

ですが、そこがファンが求めるものなんですよね。気合の入った楽曲に変な方向に力の入った歌詞と映像。その禁断の組み合わせが人を魅了するのです。

yahoo-auctions-cm4 yahoo-auctions-cm3

きゃりーぱみゅぱみゅや亀梨和也もハマっている!?あなたも聴こう!

プログレッシブ・ハウスというジャンルはテレビで流れる歌謡曲やオリコンチャート上位にランクインしている曲ばかり聴いている人には知らないと思うので、このCMをきっかけに世間に広がれば日本の音楽シーンが活気付くのではないかと密かに期待しています。「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「KAT-TUN 亀梨和也」までもがハマっているという水曜日のカンパネラ。あなたも是非聴いてみてください。

水曜日のカンパネラの楽曲はamazonで購入できますので、興味を持たれた方は是非手に取ってみてください。

 - J-POP , , ,