music.ks-product

K-POPを中心とした音楽の紹介・レビュー・感想をおこなっています

セクシーは褒め言葉。K-POPのダンスから学ぶべきこと

      2016/01/25

韓国国内でも「セクシーだ」として規制されるK-POP。しかしそれは表現者として成功した証拠である

K-POPと聞いてまず思い浮かぶのは「セクシー」なダンスであろう。嫌韓・反韓の人は「下品」「売春婦みたい」などと否定的だが韓国国内でもそういう意見は少なくなく視聴年齢制限がされていたり、地上波では振り付けが変更されたりするくらいだ。

しかしこれは、裏を返せば皮肉にもK-POPグループのダンススキル・表現力が非常に高いことを意味している(肌の露出規制が日本よりも厳しい韓国では表現力でセクシーさをアピールするしかない)。

振り付けや衣装がセクシーなだけでは、セクシーには見えない

K-POPと同じ振り付けをAKB48をはじめとした日本のアイドル、もしくはあなた自身が踊ってみても良いだろう。ほぼ間違いなく「セクシー」には見えないはずだ。何故ならセクシーに見せる為の力量が不足しているからだ。勿論アイドルグループの中に数名はダンスや表現力に長けた人もいるだろうがグループ全体で見るとまだその域には達していない。

他に、わかり易い例を挙げるとイラストだろう。どんな方法でも良いからセクシーさを表現することを目標としたとする。絵心が無い人であればいかなるイラストを描こうとセクシーには見えないはずだ。しかし、その道のプロが描こうものなら体の一部分を書くだけでセクシーさを表現することも可能(例えば”指先”のようなセクシーとは無縁のパーツでも!)なのである。

ダンススキルや表現力が高いということは様々な表現が可能だということ。今はたまたまセクシー路線が流行っているが、ぶりっこ路線の可愛い系だったり、ヒップホップ調のかっこいい表現も可能なのである。

表現者であれば表現を極めなければいずれ道は途絶える

例え周囲から批判の声があったとしても、「セクシーだ」という感情を抱かせることが出来たということは、表現者として勝利を勝ち取ったという証明なのだ。

もちろん日本のアイドルにも魅力はある。基本的に日本のアイドルは「成長過程を応援する」という特色がある。AKBにしろジャニーズにしろ歌唱力やダンススキルは素人レベルと言われているが、少しずつ成長する過程を見るのが楽しかったり、下手だからこそ応援したくなるのだろう。

いずれにしろ、いつまでも「成長過程を応援される」立場であっては、その人のアイドルとしての道は途絶えることになる。表現者である以上、表現で人の心を動かすことが出来るようにならなくてはならない

最後にいくつかオススメのK-POPを紹介する。

あざといMVでお馴染みのAOA「Short Hair」

あざとさを封印しボーカルのみで勝負するAOA

エレガントでクールなGirls Day「Something」

突き抜けたぶりっ子路線時代のGirls Day

レトロなぶりっ子(?)Brown Eyed Girls「オチョダ(How Come)」

歌謡曲としてはかなり前衛的で圧倒的な存在感。Brown Eyed Girls「Sixth Sense」

 - K-POP , , ,