music.ks-product

K-POPを中心とした音楽の紹介・レビュー・感想をおこなっています

人の振り見て我が振り直せ。少女時代妹分「広島原爆PV」で思うこと。

      2015/12/26

hiroshima-atomic-mv

先日、少女時代の妹分として韓国でデビューしたガールズグループ「Red Velvet」のデビュー曲「Happiness」が物議を醸し出しているようです。

少女時代“妹分”の「広島原爆投下」演出PVを所属事務所が釈明「気づかなかった」

HappinessのMVはカラフルでポップな印象ですが、一部のシーンに新聞のコラージュが利用されているのですが、その内容が第二次世界大戦の広島原爆投下に関する内容やアメリカの9.11テロを彷彿させるものだということです。

日本も韓国も人の振り見て我が振り直せ!

一通りMVを見ましたが僅か数秒のことなので所属事務所の主張どおり言われなければ気づかない程度のものですね。MVの制作者がどういう意図で制作したのかは不明ですが批判が殺到している以上改善に努めるべきです。また、Red Velvetのメンバーも5年、6年練習生として苦労してきたのに制作側の配慮の無さで今後の活動に影響が出ると思うと不憫でなりません。

広島原爆では日本人だけではなく多くの在日韓国・朝鮮人(数万人規模で)も被爆しているわけですから、反日目的での演出とは思いにくいですね。

制作者的には「もう半世紀以上前のことだからよいのでは?」という安易な気持ちだったのかも知れません。もしそうだとしたら制作者も慰安婦問題や侵略戦争についても過去のものとして受け流さなければなりません。

同じくこのMVを「原爆被害者のことを考えろ!」と批判している人は、慰安婦問題や侵略戦争に関して「賠償済みだから、いつまでも引きずるな!」「日本はアジア解放の為に戦ったので侵略してない」などと相手の感情を逆なでするような発言は慎むべきです。

いわゆる「人の振り見て我が振り直せ」ですね。
日韓日中問題になるとどうしても相手が一方的に悪いという風潮になりがちですが、元々は戦時日本が中国や韓国に恨みを買うようなことしたのが原因なわけです。相手を一方的に否定するのではなく、互いに相手の主張を理解し、互いに自分の落ち度を認め、教訓にすることが大切です。

米国に対しては鈍感、韓国に対しては過敏な日本人

今回の件、極一部のシーンだけでもこれだけ大きなニュースになっているのに、米国製のゲームには批判がでないのが不思議でなりません。日本でも人気のFPSゲーム「コールオブデューティシリーズ」の日本未発売作品「CoD: World at War」では第二次世界大戦が舞台となっていて日本人が悪人として描かれています。

下記の動画冒頭では日本人が米兵を拷問して殺害するシーンが描かれています。さらには昭和天皇までが登場する手の込みようです。プレイヤーは米兵を操り日本兵を殺害しゲームを進行していく内容なので批判が殺到するかと思いきや、それどころか日本未発売にも関わらず輸入して購入する人が後を立たない状態でAmazonのレビューでも高評価が大半です。

比較すると明らかに米国製ゲームのほうが反日的な内容であるのにもかかわらず、韓国にばかり批判が向くというのは、韓国政府の日頃の態度の悪さが原因というのもありますが、それ以上に嫌韓派やネトウヨが必要以上に貶めている気がしてなりません。もし、韓国が第二次世界大戦をテーマにしたゲームを作ったら間違いなく批判殺到するでしょうからね。

アメリカの横暴さは見ないふりをして、韓国には対しては「興味がない」と言いつつ過剰に反応するさまには何とも言えない違和感を覚えます。

平和の対比表現として戦争を扱うことは珍しいことではないが気遣いは必要だ

今回の件、所属事務所は「気付かなかった」と発言しています。私自身も言われるまで気付かなかったので、その可能性は十分にあります。一般的にMVに使われる素材は依頼側が制作側に提供するものですが、今回のような賑やかしの素材は例外で制作側が用意した可能性が高そうですね。ちなみに、所属事務所のSMエンタテインメントは公式謝罪しMVの見直しをすると明言していますから本当に意図しなかったことなのでしょう。

韓国に限らず平和的なメッセージを伝える作品に対比表現として戦争や武器・兵器を用いることは珍しくありません。同じく少女時代の妹分であるf(x)のHotSummerでも戦車が使われていますからね。広島原爆は戦争の象徴的な存在ですから対比表現の為にパッと思い浮かんだのが広島原爆だったのかも知れません。

こういった「負の出来事の消化の仕方」というのは国や人によってかなり変わってくると思うんですよね。今回のように対比表現で前向きな意味合いで扱うケース、深く気にしないでゲーム化するケース、日本のように禁句とするケース。どれが良くてどれが駄目という訳ではないんですよね。価値観は人それぞれなんですから。

価値観が多様だからこそ、色々な立場の人がいることをもう少し気を使ってもらいたかったですね。

画像:©YG Entertainment

 - K-POP , , , , ,