music.ks-product

K-POPを中心とした音楽の紹介・レビュー・感想をおこなっています

アイドルが歌うR&Bも良いものだ。AOAの楽曲『Chocolate』のクオリティが高くてリピしまくり!

      2015/12/26

この動画は韓国のアイドルグループAOAが歌う『Chocolate』というR&Bテイストの楽曲です。アルバムの最後に収録されている曲なので特別大々的に売り出している曲ではないんですが、なかなかクオリティが高くてリピートして聴いてます。耳をくすぐるウィスパーボイスが心地よいですね。

また、AOAに限らずK-POP全体の特徴として、こういうしっとり系の楽曲でもちゃんとした振り付けが用意されている点もこだわりを感じますね。なお、この曲の振り付けや歌詞はAOAの過去曲『Like a Cat』や『Confused』をサンプリングしたものになっていて遊び心満載なのもファン心理をくすぐります。

R&B楽曲『Chocolate』は以下のアルバム『Heart Attack 』の最後に収録されています。興味のある方は是非聴いてみてくださいね。なお、アルバムのタイトル曲『Heart Attack 』のレポート記事も書いてますのでよかったらこちらも是非!

日本の音楽業界再生の為に日本のアイドルもR&Bを歌うべき

「何故、日本のアイドルはR&Bやジャズを歌わないのか?」

私が抱える長年の疑問です。
日本のアイドルもR&Bとかジャズを歌っても良いと思うんですよね。

例えば、椎名林檎はジャズっぽい曲も多くリリースしているわけです。しかも、多くの人に支持されているわけです。それも長い間。

つまり、需要があるってことなんですよね。

勿論R&Bを歌うにはそれなりの歌唱力は必要になりますが、それだけアイドルの実力が底上げされ日本の音楽業界が成長するわけです。

そもそも2000年前後ってジャパニーズR&Bが爆発的に流行したわけです。宇多田ヒカル、MISIA、SOULHEAD、DOUBLE、倖田來未など。しかも、宇多田ヒカルの1stアルバム「First Love」は今のCD売上の比じゃないくらい売れていたんですよね。

その数なんと765万枚(オリコン調べ)!!!当時はダウンロード販売が無かったとはいえ、驚愕の数字ですよね。しかも、AKB48のように握手権などで釣ってるわけでもなく、純粋に音楽の良さで売れていたわけです。

だから低迷してしまった日本の音楽業界を復活させ音楽ファンを呼び戻す為には、音楽で勝負するのが一番という事なんです。

特にAKBグループはチャート上位を独占している日本の音楽の象徴です。つまり日本の音楽業界を先導しているわけですから責任があると思うんです。AKBがどういう楽曲をリリースするかで聴き手の音楽に対するリテラシーも変わってくると思うんですよね。

正直、今の音楽業界は特典でCDが売れているだけで、音楽やアーティストの質は低下しています。それを変えるにはあまり良くないやり方(AKB商法など)で市場を独占してしまったトップアイドル達が責任を担うべきだと思います。

 

 - K-POP , , , , , , ,